受験掲示板・100点BBS【大学受験解答速報掲示板・受験生応援掲示板】
弘前大学掲示板(スレッド一覧)
弘前大学合格、県内出身者の割合が最低/19年度一般入試 - 弘前大学掲示板

弘前大学合格、県内出身者の割合が最低/19年度一般入試


0名前を書き忘れた受験生 2019/05/22 14:43  1820view
弘前大学合格、県内出身者の割合が最低/19年度一般入試

弘前大学の2019年度一般入試で青森県内出身合格者の割合は28.3%と、データがある2006年度以降で最低を記録した。前年度より9.1ポイントの減少で、人文社会科学部と教育学部は約17ポイント減。同大は「広報活動などが功を奏し県外出身志願者が増えた」と説明する一方、「詳しいことは今後分析する」としている。県内高校の進路担当教員は「全国的に安全志向が強まっており、東北大や北海道大からランクを下げて弘大を受験する県外出身者が増えているのではないか」と推測している。

 19年度の弘前大の一般入試志願者(前後期)は4163人で、前年度より447人(12%)増加。県外出身が509人増えた一方、県内出身は62人減った。学部別では、教育学部の志願者が599人で、前年度より238人(県内46人、県外192人)増えた。

 戸塚学部長は、少子化が進む中で志願者が増えたことについて「喜ばしいこと」とし「16年度の学部改組、17年度の教職大学院設置などの取り組みが評価されたほか、大学の広報活動の効果が出ているのではないか。ただ、1年だけの結果だけでは判断できないので、今後の動向を見ていきたい」と語った。

 人文社会科学部の志願者は前年度より2人増え794人。県外志願者が100人増えて517人になる一方、県内出身は98人減って277人。今井正浩学部長は「詳しい分析はこれから」と慎重だ。

 県内進学校の進路担当者は「2021年1月に実施される新テストを見据え、全国的に安全志向が高まっている」と説明。「『浪人生は新システムに弱い』という考え方があるため、第1志望から一つランクを下げて弘大を志望する人が増えたのでは」と推測する。他の学校の進路担当も「全国的に安全志向は根強い。北海道勢は第1志望が難しそうなら弘大を志望する。本校では弘大を目指す生徒の動きは変わらない」と語った。

 一方、県内の予備校の進路担当者は「県内出身者にとって、弘大の魅力が薄れているのではないか。関東地方の特色がある国立大や、首都圏の中堅以下の私立大を志願する人が増えている」と説明した。

 弘大入試課の佐々木宣子課長は県外志願者が増えたことについて「前年度(18年度)の全体の志願者が約3700人と少なく、前々年度も少なかったことから、その揺り戻しの結果とも考えられる」と説明。「入試倍率が上がり、県外の優秀な人が増えているという意味では、決して悪いことではないが、より多くの県内出身者に志願してもらいたい」とし、同大は、学内見学会や説明会を開催するなどして引き続き、地元出身者に弘大志願を呼び掛ける方針。

東奥日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190521-00000008-webtoo-l02
弘前大学掲示板(スレッド一覧)
コメントする検索画像一覧
4名前を書き忘れた受験生 2019/05/28 13:29
ある意味成功してる
0pt
3名前を書き忘れた受験生 2019/05/27 14:21
>>2私もそう思ってました
0pt
2名前を書き忘れた受験生 2019/05/22 14:44
県内出身の人が多いと思っていたけど意外だわ
0pt
1名前を書き忘れた受験生 2019/05/22 14:44
弘前大学合格、県内出身者の割合が最低/19年度一般入試
0pt
コメントする検索画像一覧
前へ次へ
関連トピック
掲示板TOPへ戻る